おもしろ居酒屋大集合!

おもしろ居酒屋大集合!

居酒屋に行こう!

「居酒屋に行こう!」合コンはもちろん、老若男女問わず、ちょっとした飲み会ともなると、決まってこのセリフが誰からともなく口をついて出てきますが、ほとんどの場合その意見に反対する人はいません。

 

それだけ「居酒屋」というのは私たち一般市民にとっては非常に身近な存在であると同時に、迷ったとき、困ったときには居酒屋に行けばなんとかなるという、救済措置的なスペースでもあるのです。

 

心ウキウキうれしい人もいれば、失恋をはじめとして、いろいろな悲しみを抱えた人も、どういうわけかみんな居酒屋に集うのです。
そして、居酒屋の店員さんは、私たちがどんな境遇であろうとわけ隔てなく、優しく、そして元気に私たちを受け入れてくれます。
だからこそ、私たちはいつでもどんなときでも、お酒が飲みたいときには「居酒屋」をチョイスするのでしょう。

 

居酒屋といえば、定番のチェーン店である「つぼ八」や「白木屋」などをはじめとして、最近では料理に特色を持たせた大手居酒屋チェーンも増え、「居酒屋」といってもすべて一緒くたにしてしまうわけにはちょっといかないような状況になってきています。
それに加えて、とんでもない趣向を凝らした「オモシロ系居酒屋」もまた大人気ということで、居酒屋の業界にもどんどんと新しい風が吹き込んでいる様子。
そこで今回は、ちょっとおもしろい居酒屋にスポットをあてて、いろいろご紹介してみましょうという趣旨で、あれこれ書きなぐってみたいと思いますので、参考にしていただけるとうれしいです。

おいしく楽しくなつかしい「駄菓子バー」

おもしろい居酒屋を見つけて、行く行かないは別にしても、少し雰囲気を味わってほしいという意味合いで、いろいろなオモシロ系居酒屋を少しずつご紹介していこうとおもいます。

 

まずは、これはコンセプト云々以前に非常に魅力を感じる居酒屋で、「駄菓子バー」というのが今たいへんな人気を誇っているそうです。
都内だけでも有名どころで池袋、渋谷、人形町と「駄菓子バー」なる新手の居酒屋が存在しているそうで、その情報はネット上でもかなりのにぎわいを見せています。

 

池袋のお店について、ちょっとだけメニューをのぞかせてもらうと、「よっちゃんいかチヂミ」とか「『マルルンマンチョコ』の包み揚げ」だとか、「カラムーチョ」、「じゃがりこ(ポテサラ)」「じゃが塩カレー」などをベースにパイ生地とした「駄菓子ピザ」なるものもあるようで、確かにおもしろそうな居酒屋であることは間違いありません。

 

ただ、筆者個人の意見としては、「そのまま食いてぇなぁ・・・」というのも正直あります。
特に、学生時代仲間を募って近所の河原でバーベキューをやったときに、確かにポテチ系のスナック菓子をすりこぎで擦りつぶしてパイ生地に仕立て、パイを作って食ったことがあったけれど、さすがにそんなにウマいもんじゃなかったなぁ・・・

 

もちろんそれは我々が料理ド素人の学生だったこともあるかもしれませんけどね。
プロの職人さん(いるのか?)が手を加えれば、カラムーチョだっておいしく生まれ変わるのではないでしょうか。
まあ、おいしさよりも、ちょっとした好奇心とほんのりとしたノスタルジアを求めるには、駄菓子バー、なかなか悪くはないかもしれませんね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ